ガラス修理のポイントをみておきましょう

by author



ガラスは、固体ですが他の固体に比べるとまったくその構造が異なっています。固体の場合には通常結晶の形状をもっているものです。

すなわち原子または分子が規則正しく配列した構造をもっているのに対してガラスは結晶形状をしていないのです。

またガラスは他の材料にはない特徴を持っています。
まず透明であることあげられます。



物体が透明であるとは可視光を吸収しないという特徴と可視光を散乱しないという特徴とを合わせ持っていることが必要となりますがガラスはその両者の特徴をあわせもっているのです。
またガラスは成形しやすいという特徴を持っています。



ガラスは、熱を与えることによってその粘度が増すために成形が容易になります。

またガラスはその非結晶質ゆえに自由度が高いという特性を持っています。


ところで、ガラス修理に関しては基本的には交換ということになります。


キズなどに関しては補修することも可能ですがたとえば住宅のガラスのような場合には割れやすくなることから防犯上もキズがある状態で放っておくことはおすすめできません。



住宅や店舗用のガラス修理に関しては太さによって費用に違いが出ます。

防犯上では、ガラス修理における交換の際してできるだけ厚いガラスを使った方がよいのですが3ミリと5ミリの間によっては2倍以上の料金の開きがあります。また特殊のガラスに交換することもできます。




くもりガラスやワイヤー入りガラスがあります。




透明ガラスとくもりガラスでは透明ガラスに交換した方が値段が高くつきます。


ガラス修理に関しては業者によって料金が異なってくるために見積もりが無料の複数の業者に依頼してみるとよいでしょう。

ガラス修理代に関して注意したいのはガラス修理代自体だけでなく出張費や作業費も忘れずに確認しておきたい。

業者によってはガラス修理代自体を低く抑えて作業費に上乗せしているところもあるので注意が必要なのです。

http://www.rinya.maff.go.jp/j/kensyuu/kensyuuu_zyo.html
http://www.bunka.go.jp/geijutsu_bunka/05kenshu/
http://nanapi.jp/97181/